2010年

10月

15日

11/14 龍馬伝パブリックビューイング in 土佐

豪華メンバーも参加する

「龍馬伝」約1000名パブリックビューイング!


$歴シンガー龍民の レキSing!Sing!Sing

11月14日(日)19時より高知市かるぽーとにて行われます。

そしてこのイベントの模様は、すべてUstreamで生中継されるそうです!
日本中が龍馬伝で繋がるのではないでしょうか。

主催は高知県立坂本龍馬記念館で企画は龍馬街道実行委員会、そして私もこのイベントに関わっております。

10月14日21時過ぎより、龍馬街道ウェブサイトにてこの催しに参加できる入場整理券をWeb先行予約開始しています!(入場料無料) 
※1000名までとなっていますのでお早めにお申込みください。

出演者続々決定しています。(10月14日現在)


坂本家9代目 坂本登氏、勝海舟子孫 高山みな子氏、ジョン万次郎子孫 中濱京氏!
NHK 鈴木プロデューサー、大友監督!
尾﨑高知県知事!坂本龍馬記念館 森館長!高校生土佐海援隊より2名!
孫隊長!(出演要請中)

くわしくは、この情報が更新されている 龍馬街道ウェブサイト をごらんください。

0 コメント

2010年

9月

24日

第2回半平太まつりがあるぜよ

9月26日(日)10:00から15:00頃まで 高知市横堀公園にて
武市半平太こと半平太まつりが開かれる。
新たに夫婦石というものも出来たがよ。当日はいろいろアトラクションやコンサートもあるにかあらん。

詳しくはパンフレットをごらんください。



私は第一回の半平太まつりに出演しましたが、今回もお誘いをいただいておりましたが、仕事の関係でやむなく出演できず、お断りさせていただきました。残念ですが。

半平太の曲では「月影の半平太」というのを作っています。

続きを読む 0 コメント

2010年

9月

20日

志士の杜ウォーキング・道草ライブのお知らせ

土佐の歴シンガー龍民がアイ・パッド で動画・資料展示と一五一会(四弦楽器)を駆使し、道草ライブで歴史のみち案内役をいたします。

名付けて 五台山の歴なび・シリーズ第二弾

志士の杜 ウォーキング参加者募集。10月31日(日)9:30スタート

高知市五台山は維新の志士等のゆかりのスポットが点在します。各スポットを歩いて回り歴史や自然に触れ、秋の五台山の風情を味わいませんか。

主な見どころ

龍馬伝紀行で紹介された南海忠烈碑 高知県護国神社保管の龍馬愛用の木刀、有名な武市半平太の肖像画拝観  龍馬も立ち寄った吸江庵庭園のたたずまい 海援隊士陸奥宗光(陽之助)の祖先とされる伊達兵部の墓 展望台から浦戸湾や高知市を一望する
志士縁の場所や史跡を望遠鏡で探索 龍馬カプチーノなど

日 時 10月31日(日) 高知市吸江 高知県護国神社駐車場 9:30集合
     お昼までの2時間程度の周遊コースを予定
     12時 五台山展望台にて解散後自由行動(竹林寺・牧野植物園など)
定 員 20名(先着順にて締切)
参加料 500円(資料費・木刀保存募金を含む)
服装等 長袖・ズボン・運動靴 帽子など山歩きにふさわしいもの
お問い合わせ 高知市五台山 よさ恋浪漫くらぶ 竹内龍民 090ー4508ー1802
お申込みは FAX088-880-0536 Twitter @ryomin などで

続きを読む 0 コメント

2010年

8月

16日

草莽の志士達へおくる歌

8月15日、高知県護国神社で夏祭りが行われた。この日は終戦記念日。いつもより多くの方が参拝に来られている。

 

この夜私も「歴シンガー」としてギターを片手にその舞台に立った。歌ったのは、郷土の偉人や歴史にちなんだオリジナル曲。龍馬や半平太、以蔵などの生き方を歌う。また志士ではないが、アメリカへ渡った初の日本人、ジョン万次郎など日本の発展に功績のあった人物にちなんだ曲も披露する。

 

この日はさらに特別な想いで演奏した曲がある。

この神社の敷地に多くの英霊を偲ぶ慰霊碑と並んで「南海忠烈碑」が建っているのをご存知だろうか。先ごろ当神社の神職らの手によって修復されたことを聞いた。龍馬伝紀行でも紹介されたこの碑の裏にはドラマに登場する志士達の名前を見ることができるが、あまり知らない志士らの名前も多く刻まれている。
龍馬の他にも草莽の志士たちが国のために命を捧げていった。この碑にある姓名を見つめていると、彼らのその想いが伝わってくるようだ。

私には祖父の記憶がない。私が生まれる前に戦死したので遊んでもらったことがないのだ。
その後の祖母たちの苦労も知るが、幼き頃その祖母に連れられてよく春大祭に来た記憶がある。毎年亡き夫に会いに行くかのように道を急ぐ祖母の姿が今でも目に浮かぶ。その祖母らも今は亡く、最近はその接点がなくなったようにも感じていた。

 

このたび神社のご配慮により「草莽の志士達におくる鎮魂歌」をこの場所で歌うことができた。
それは次の世代に繋げるためにも、私にとっても何よりもかけがえのない思い出になった。

0 コメント

2010年

8月

13日

日本で唯一の歴シンガーとしてRKC高知放送ラジオの番組に生出演

8月13日(金)9:20頃から高知県護国神社の神職(権禰宜)様らの夏祭りや護国神社についてのお話の後に「龍民」として10分~20分程度の話とギターで弾き語りのライブ演奏をしました。


8月15日に夏祭りがある高知県護国神社は、『維新志士を祀る神社』です。坂本龍馬や武市半平太、吉村虎太郎や岡田以蔵らも祀られています。以前に大河ドラマ 龍馬伝紀行でも紹介されましたが、ここに多くの志士の名を刻んだ顕彰碑(南海忠烈碑)があります。その顕彰碑が当神社の神職自らの手により修復作業が続けられていることを知り大変感動して曲にしました。


「草莽の志士等におくる鎮魂歌(レクイエム)」


維新の志士ゆかりのある護国神社は意外に知られていません。

龍馬が愛用の木刀なども保管されていますので是非ごらんになってください。。私がこれまで郷土の偉人や歴史にちなんだ曲づくりをとうして地域を盛り上げれればいいなと自らも楽しみながら音楽活動をしています。

 

今後は、来年の大河の「お江・姫たちの戦国」、さ来年の「平清盛」に向けて関ヶ原、大阪冬の陣、夏の陣で三度家康と戦った豊臣方の勇将明石掃部(その墓が五台山にある)や源頼朝の弟、介良庄の武将、源希義にちなんだ歌を作っていきたいと思います。

放送スタジオでのミニライブ、各曲を少しずつさわりを唄ったものでしたが、なかなかノリのに難しいなと思いました。


また地域の小さな祭りや催し物でもお呼びいただければ時間が許す限り参上したいと思っていますのでよろしくお願いいたします。

0 コメント

2010年

8月

12日

8/13 9時20分頃から RKCラジオに生出演、生LIVE決定!

歴シンガー、龍民として高知県護国神社夏祭りで維新の志士らの曲を演奏するぜよ!

維新の志士らの名を刻んだ「南海忠烈碑」にちなむ曲「草もうの志士らにおくる鎮魂歌」や龍馬を土佐弁でブルースで唄った「Hey!Ryoma」などの話をするぜよ。番組の中でミニライブもするき。

 

急な話やけんど、おもろうなったぜよ。

 

8月15日 19:30~ 高知県護国神社夏祭り 出演

演奏予定曲 

1.Godaisan

2. Hey! Ryoma 

3. 以蔵が斬る

4. 月影の半平太

5.その名はジョンマン

6.草莽の志士におくる鎮魂歌(レクイエム)

 

0 コメント

2010年

7月

08日

高知県護国神社夏祭りに出演が決定しました

夏祭りチラシ
夏祭りチラシ

高知県護国神社の夏祭りが8月15日にあります。その夜の部、演奏奉納で「歴シンガー」で出演することになりました。

プログラムはこちらです。


平成22年 8月15日 日曜日

夏祭神事 (午前10時)

演奏奉納 (午後 6時より)
            
 

場 所:高知県高知市吸江213番地 高知県護国神社
TEL:088-882-2760
   

駐車場:有


0 コメント

2010年

6月

14日

6月12日の龍民のFreeTV ほっと龍馬館Live

5月連休中から久しぶりに、高知市帯屋町のNTTほっと龍馬館で、スタジオライブを行いました。

演奏した曲は

1.Hey!Ryoma

2.草もうの志士への鎮魂歌

3.恋の峠道 よさこい物語より

 

続きを読む 0 コメント

2010年

5月

05日

龍民のFreeTV録画から 5月5日の曲「五台山」をお届けします

!-- http://twitter.com/ryomin/status/13388572658 -->

おはようございます。今日も快晴じゃ!龍民のFreeTV(自由放送局)五台山スタジオから 気ままにLIVE録画 五台山(オリジナル曲)  http://ht.ly/1H14T わしが住みゆう、新緑薫る五台山の歌ぜよ! #godaisan #kochiless than a minute ago via HootSuite

0 コメント

2010年

3月

22日

時空を超え人と人との輪を繋げる「龍馬脱藩祭 」

第26回龍馬脱藩祭
第26回龍馬脱藩祭

3月21日、高知市神田の和霊神社で第26回龍馬脱藩祭が行われました。

私、龍民も歌い手の一人としてこの催しにゲスト参加させていただきましたので、この催しを楽しませていただきました。

この日は強風と黄砂での天候で午前中は強風が時折吹くなか、午前10時主催者挨拶の後和太鼓の演奏で、いよいよ催しの幕開けです。

続きを読む 0 コメント

2010年

3月

20日

龍馬ゆかりの和霊神社にて、「脱藩祭」に出演します

和霊神社
和霊神社

坂本龍馬28歳のとき。

高知市神田にある坂本家の守護神である和霊神社で水杯をして,沢村惣之丞とともに土佐から脱藩しました。

 

その和霊神社で3月21日(日)、第26回脱藩祭が行われます。

 

http://www.city.kochi.kochi.jp/soshiki/39/wareijinja.html

 

私、龍民もそのイベントの中で龍馬の歌を唄い、「脱藩するぜよぉー。」

みんな見に来てや!

 

イベントの内容は以下のサイトで紹介されています、

 

あなたは何から脱するのか!!第26回龍馬脱藩祭

http://www.ryomakaido.com/2010/03/3443

0 コメント

2009年

12月

16日

週末はクリスマスパーティー来楽座12・19 楽しみませんか

いよいよ今週末の土曜日になりました。多彩な出演者でのコンサート、飛び入りのカラオケコーナーもあるようですが。

私龍民も、今回はFenderの電気ギターとBlues Harp

アコースティックの弾き語りで決めてみたいと思います。

一応予定しているのは

 

1.さえんば On My Mind (Jazz風)

2.Hey!Ryoma (Blues調)

3.よさ恋幽情 (よさこい三部作) 

4.恋の峠路  (よさこい三部作) 

5.その名はジョン・マン (ロック調)

 

あと時間があれば一曲 旅路 追加

 

 

出演 カワムラヤスヨ さるきり ネリ 山田千夏 龍民 ジャコバン西田

※飛び入りカラオケ歌唱コーナー有り・先着6名:500円 弾き語りも参加できます。

※飲食持ち込み歓迎、入場料半額になります!但しアルコール不可

日時:2009年12月19日(土) Open16:30 Start17:00 (~21:00予定)
会場:来楽座(高知市菜園場町5-11)
料金:前売 1,000円(なんとチケット1枚で2名様まで入れます)、当日 1,500円
問合:090-1173-2671 カワムラヤスヨ

0 コメント

2009年

11月

25日

12月8日はパノラマでジョン・レノンを偲ぶ会ライブ

ビートルズの優しい夜
ビートルズの優しい夜

今年もジョン・レノン兄の29周忌が近づいてきました。
(今年は忌野清志郎さん、加藤和彦さんと悲しいことが多かったですね!)

高知のビートルズ倶楽部としては、今回現代企業社様のご好意で、眺めのいいカフェ・パノラマ@五台山でジョンレノンを偲ぶ会ライブを企画されました。
なんとわたくし龍民もTwitterの同時中継とギターを携えて、ゲスト乱入出演します。

曲は、レノンの後期の作、「Beautiful Boy」を予定しています。

日時:12月8日 19:00~21:00
場所:眺めのいいカフェ・パノラマ
会費:1000円(1ドリンク:珈琲、ビール等)


チケットのお申し込みはBeatlesClub 090-5146-0258 森さんまで

Twitter ID : beatlesclub でも受付されるそうです。
場所は夜景が素晴らしい五台山の展望台の近くです。恋人、夫婦等デートがてら、遊びに寄ってみてください。

 

0 コメント

2009年

11月

19日

X'mas Party 来楽座09’LIVE出演決定

クリスマスパーティー来楽座09’を12月19日に開催します。わたくし龍民も当日県内の若手ミュージシャンに混じって出演します。

この催しは、高知県作詞作曲アーティスト協会が主催するもので、私以外には次の方々が出演されます。

カワムラヤスヨ さるきり ネリ 山田千夏 龍民 ジャコバン西田 となかなか多彩な顔ぶれでとても楽しみです。

会場は高知市菜園場5-11 来楽座 で17:00開演 終了は21:00ごろを予定されています。ただいま前売りチケット(2名様まで有効)手料理の持込があると割引も。飲食持込可(アルコールは不可)

詳しくは 問い合わせ先090-1173-2671 担当:川村まで

 

 

0 コメント

2009年

11月

17日

龍馬を偲ぶ自然祭を終えて

龍馬を偲ぶ自然祭、護国神社で有志のご協力を得て無事終了いたしました。
開催経費は0円。参加者のボランティアにて、本当に実施出来ましたことを深く感謝いたします。
 
この日の様子は、今日11月16日(月)18:16からRKC高知放送こうちeye の中で「ふるさとアイ・龍馬を偲ぶ自然祭」でも放映されました。


 
御都合でお越しになれなかった皆様にはよろしかったらご覧下さい。

龍馬を偲ぶ自然祭は護国神社参拝殿にて、権禰宜が前夜遅くまで心を込めて書かれた龍馬供養のことばで、厳かに神事に則って始まりました。
 
この日は、子育て中のお母さん方のナチュ☆エコCookingClubの皆さまが心を込めて作られた、自然食の自然堂弁当が用意され試食した参加者からは自然素材の味わいに「とても自然な味付けで美味しい」と好評でした。

音楽会も行われ、高知大学邦楽部の雅やかな琴の音と尺八の調べ、平均年齢65歳の手作り楽器で演奏される高齢者の御婦人達の自然な音楽、私龍民も自作の龍馬に捧げる「Hey!RYOMA」を歌い、土佐琵琶の幽玄の響き、そして語り部の心温まる朗読と多種多様な出し物が続いたあとは、いよいよ、フィナレーヘ。
 
龍馬に伝えるプレゼンター募集で選ばれたのは、宿毛市からこられた若者の熱いメッセージ、それは龍馬にも自分を励ます力強い言葉でした。
龍馬のコスプレに扮して龍馬命の神前でこれからの生き方を真摯に誓った彼の言葉に参加者は感動していました。
またはるばるアメリカのコロラド州から里帰りの合間に寄られた御婦人も龍馬に扮して、今日の想いを述べていただきました。
 
最後はこの日に限って希望者には龍馬愛用の木刀を力強く握り締めることが出来る、特別なはからいでみなさん、その龍馬の想いをじかに感じてとてもうれしそうでした。
 
打ち上げは、いつものように西岡さんの新堀川倉庫の居酒屋サロンでさらに二次会は「龍馬屋」では、有名な漫画家の一行や九州博多からはるばるこの日に駆けつけてくれた「龍馬街道実行委員会」のみなさんを交えて語らい、遅くまで楽しく語り合いました。 
 
参加者それぞれの明日への前向きな気持ちが伝わってきて、とてもやりがいのあったひと時でした。

五台山よさ恋浪漫くらぶ 代表世話人 竹内龍民
0 コメント

2009年

11月

13日

あなたも握れる!!龍馬が稽古で使った木刀!(本物)

先日、お知らせをさせていただいた、五台山の護国神社境内で行う、11月15日の龍馬をしのぶ自然祭 の中でのメインイベントですが、全国の龍馬ファンが集うポータルサイト(先日龍馬へ届ける年賀状の企画をしたところ)の龍馬街道のウェブで、関係記事を載せていただきました。


http://www.ryomakaido.com/2009/11/1940

あなたも握れる!!龍馬が稽古で使った木刀!(本物)


ご存じですか?本物です。高知護国神社にあるんです!龍馬が稽古で使っていた木刀が。

木刀が握れるプレゼンター募集!


さすがは、龍馬ファンの広告企画会社やデザイナーの方々が揃ったサイトです。

コピーのフレーズや打ち出し方が違うなぁ とあらためて 実感! 
餅は餅屋にまかせなきゃなぁ  ・・・と。
感謝感謝のひとことです

自然祭のお知らせも キレイに 仕上げてくれています。

ぜひ、こちらをごらんください! 15日の護国神社でお待ちしています
自然堂弁当 も お早めにお申込みください! (限定のため数に限りがあります)
すでに予約がありまして残り 10個ほどになっています

当日は地元のテレビ局も取材に来そうです。
0 コメント

2009年

11月

08日

龍馬の年賀状セットが届きました。

龍馬の年賀状セット
龍馬の年賀状セット

限定2千セットで好評のうちにたちまち売り切れた龍馬の年賀状セットが代引きで今日届きました!

とても勿体なくて、出すのが惜しいような気がします。

 

http://www.ryomakaido.com/wp-content/uploads/2009/11/p1020597_2.jpg

 

これ、年賀状でもらったら、とても最高でしょうね。

 龍馬に出す年賀状はそれぞれメッセージを書くと、元旦に龍馬記念館に届けられ、龍馬街道というポータルサイトでも公開され、その後は龍馬をまつる高知県護国神社に奉納祈願されるそうです。

来年の年賀状を出す楽しみができました。

2010年の年賀状を龍馬の年賀状でもらった人は、とても幸先がいいことでしょうね。

またそれぞれの龍馬へ届ける年賀状、どんなメッセージが寄せられるのでしょうか?


0 コメント

2009年

11月

06日

11/15 きみは龍馬に生まれ変わる! 平成の「龍馬」を大募集!

龍馬へ熱いメッセージを届ける、平成の「龍馬」を大募集!

 

「龍馬を偲ぶ自然祭」 龍馬をまつる高知県護国神社にて開催!

 

龍馬へ感謝状を渡すプレゼンター募集! 


龍馬のコスプレで龍馬愛用の木刀を握り、記念の写真撮影もできる! 

年令、性別を問いません。


龍馬への志をこめたメッセージの内容などで、プレゼンターを決定いたします。

 

11月15日(日)「龍馬を偲ぶ自然祭」のセレモニーの中で(14時30分ころ) 全国の龍馬ファンを代表し、選ばれたプレゼンターに、龍馬への想いを護国神社に祀られる「龍馬命」に届けていただきます。

 

希望者はよさ恋浪漫くらぶ 世話人 竹内龍民までメール、FAXまたはハガキをお送りください!

 

氏名 ふりがな 住所 連絡先(電話、E-mail等) 性別 年令と あなたの龍馬へのメッセージ(500字以内)を書いてお送りください。

 

お問い合わせ先:
五台山よさ恋浪漫くらぶ 代表世話人 竹内 隆志
TEL 080-4035-0535 FAX 880-0536 E-mail ryomin@me.com
募集締切 11月15日(日)11時必着 ※締切延長しました!

 

あなたの龍馬へのメッセージを送ってください!
採用者は後日決定のうえ、インターネットのTwitterやウェブサイトで発表いたします。当日、イベントの中で発表いたします。当日11時までに会場へ持参可。

 

プレゼンターには龍馬に扮したコスチュームを提供しと主催者にて着付けをいたします。当日いくつかのアトラクションに参加してもらい、最後のセレモニーの中で、ご自身が書いた龍馬へのメッセージを会場で読み上げていただきます。

 

龍馬の誕生日と命日に記念すべきあなたの想い出を残しませんか!

続きを読む 0 コメント

2009年

11月

04日

雨の中のよさ恋めぐり

ぽつり、ぽつりと水滴が空から落ちてくる。午前中は曇りのはず。
「意外に早く来たな。」と思ううちに、参加者が集合場所に続々と来られ、さらに雨が強くなる。

前のお店で「純信がお馬に宛てた手紙」を拝観させてもらう。予定していた南園の入口から本館へ変更し、入場料を払って植物園に入り屋根伝いに展示館まで来たが、力強い雨は一向に止みそうにない。うっすらと空には明るみがあるが、なんとも判断しかねて様子を見ていると、少し雨が弱ってきたので決行を決めた。

荒天にもかかわらずキャンセルはなく26名の参加だ。有り難いことだ。楽しみにしてくれた「五台山秋のよさ恋めぐり」を進むことにしよう。
案内の声も雨音でかき消され、申し訳なく思いつつ歩くと、果樹園の中にある「おうま岩」に着いた。資料を出そうとリュックを開けていると、ご婦人がそっと傘を差し掛けてくれた。
 
お礼を言う間もなく、この場所を二人がデートに使った経緯や二人のエピソードを自己流に案内する。近くにはキリシタン戦国武将の明石掃部の墓がある。BASARAのキャラになってもいい勇敢で立派な武将だ。さらに参政小倉小助、三省の墓、山道を下りお目当てのお馬生家にある「お馬井戸」に着いた。

ようやく雨が弱くなり、少しやんだ。帰りはお馬道から南の坊跡を案内し、最後の休憩地で箏と尺八等の演奏会を催す竹林寺本坊客殿にご案内する。びっしょりと服が濡れている。参加者の方々もさぞうっとうしい思いをしただろう。
晴れてくれたら、もっとゆったりと五台山の自然と文化と歴史を満喫していただけただろうに。
 

植物園を出入りするために、今後はこのコースをご案内できなくなった。閉会の挨拶でこの日が最初にして最後の企画だと紹介すると、皆様が愉快に笑ってくださった。その励ましで私の冷え切った身体が暖かくなったのが心に残る。

0 コメント

2009年

11月

03日

「幻のよさ恋めぐり」は雨天の中、無事終了しました

龍民五台山竹林寺客殿にて歌う
龍民五台山竹林寺客殿にて歌う

幻のよさ恋ミニツアー 無事終了しました。
途中大雨にもかかわらず26名の参加をいただきました。
初回にしては好評で成功できたとも思えます。

この日は知る人ぞ知る、お馬道を通り、竹林寺南の坊跡、純信お馬のデートスポット「おうま岩」、キリシタン戦国武将の明石掃部の墓、野中兼山の知恵袋、小倉三省の墓やお馬生家と化粧の井戸など、よさ恋ロマンのみちをたっぷり2時間ほど楽しんでいただきました。


参加者の中には何度も五台山に来るけど、隠れた穴場的山道を歩くのは初めてと感激をしてくれた人もいらっしゃいました。

「おうま岩」、明石掃部の墓は当家の果樹園内にあり、ここを訪ねて来られる方は数少ないと思われます。よさこいゆかりの映画やミュージカル出演者や関係者は一度はここへきて成功を祈られると聞きます。

いろいろな事情があって、今回が最初にて最後の幻のツアーとなりました。悪天候にもかかわらず一人のキャンセル者がいなかったことが私にはむしろ驚きでした。

荒天のため、お馬生家へ下る山道を避けて植物園に引き返った方もいらっしゃいましたが、再び合流し、最後は名園を観ながら竹林寺本坊客殿にて、高知大邦楽部のお箏と尺八、そして不肖私めの「よさこい三部作」から「よさ恋幽情」「恋の峠路」を披露させていただき、本催しを無事終了しました。

この日の晩は五台山長江の竹内家先祖祭りもあり、その小宴にて地区の方々から暖かかい励ましを、たからちゃん同様にいただきました。ありがとうございます。

長江からの古参道かつては生活道でもある「お馬道」がなぜ牧野植物園内にあるかといえば、牧野植物園自体がかつての竹林寺境内の中に出来た経緯からのことです。
ゆえに長江地域の方は、農作業などもあってこの参道の往来は自由にできるようした従来からの取り決めというか、あうんの呼吸がこれまでありました。

このような背景から出てきた今回の問題については私としては全く争う気はありません。

ただ少しでも多くの方にこうした歴史的スポットを知っていただきたいという一点で企画したもので、このミニツアーを今後どう続けていくのかといえば、牧野植物園に代わるような集合場所や参加者の方の交通の便、駐車場の確保など、個人としては負うべき荷が重くそうそう簡単には解決できないものがあります。
ゆえにこれらの目処がつくまでの間、この企画は続けることはできないと思うに至った次第です。

五台山にはまだまだ他にも数多くの名所や旧跡、知っていただきたい処もあります。
11月15日には11時30分より護国神社にて「龍馬をしのぶ自然祭」を行います。こちらは全面的に護国神社のご協力が得られていますので、今回が成功し、定着できるようになれば、今後も続けていけるものになろうかと思います。

この日には皆様もよろしかったらご参加ください。

護国神社の境内を龍馬コスプレといいますか、着物や衣装を着て散策することができる趣向も用意しています。
0 コメント

2009年

10月

30日

龍馬を偲ぶ自然祭に思う

土佐・龍馬であい博のイメージキャラクター着ぐるみがあるそうだが、龍馬ならどう思うのか、勝手に想像してみた。維新政府への高官就任も辞退した彼なら、こう言うだろう。

「めっそ、たいそうにせんとってや。あしは派手ながは苦手じゃき。」

キャラクターやパピリオンはしょせん虚像だ。「功名が辻」のはすでに跡形もない。

後に繋がればいいが、後々も考えて知恵を出して催し等に取り組まないと、それこそ税金の無駄遣いである。

先頃、龍馬ファンのポータルサイトが企画した「龍馬に届く年賀状セット」が好評で、あっという間に売り切れたそうである。

近く大河ドラマの追加配役が発表され、現在16話まで脚本が出来ているそうだ。高知でのロケは年内までと言うから、誘致合戦もすでに勝負は決しつつある。その中で私たちは龍馬伝をどう活かしきるのかといえば、やはり本物に根ざした地道な努力が大切だろう。

私が世話役を務めるグループでは、自然食を推進する子育て中の主婦の方々と、11月15日に「龍馬を偲ぶ自然祭」を開催するための準備を進めている。場所は、龍馬を祀り、龍馬の木刀を保管する高知県護国神社だ。

龍馬の号「自然堂」にちなみ、気負わず、背伸びをせず、ありのまま自然にお金をかけずに行うことをモットーとしている。その日は龍馬にあらためて感謝し、私たちの真心を伝えるメッセージを届けたいと思っている。

0 コメント

2009年

10月

25日

11月15日には高知で「龍馬を偲ぶ自然祭」があります

今年初めて実施する「龍馬を偲ぶ自然祭」の案内チラシができました。

このほどご一緒にこのイベントを共催する、お料理サークルの方が手作りの自筆で素晴らしいチラシを作成してくれました。

「龍馬を偲ぶ自然祭」は、高知市五台山にある高知県護国神社に龍馬命を祀られ、また龍馬が愛用した木刀が奉納されていることから、自然食と龍馬を愛する人たちが今年初めて龍馬にちなんだ催しを企画し開催するはこびとなりました。

詳しくは、以下の案内チラシをご覧下さい。

オーガニックな自然食材で作った「自然堂弁当」のレシピ差し上げます。

この日来場してくれた方には、子育てお料理サークルの方々が作っていただいた「自然堂弁当」のレシピを公開「自然堂弁当」のレシピブックを差し上げます。なお、数に限りがありますので、先着順にて配布いたしますので、よろしくお願いいたします。

11月15日は、郷土の英雄坂本龍馬が生まれた日であり、また志半ばにて刺客に襲われて亡くなった日にもあたります。
龍馬が号に使った「自然堂」にあやかり、この催しを「自然祭」と名付けました。大したことは出来ないのですが、龍馬の志を伝えたいと願い、私たちはできる範囲で出来ることを少しずつ実行していきたいと思っています。
あるがままに、自らの意志に基づき、無理せず、背伸びをせず、自由に生きた龍馬の生き方にも通じるのではないでしょうか。

◆自然祭のメニュー

「自然の食」を味わう        自然の素材にてお弁当を作り味わいます
「自然な音」を楽しむ        箏、尺八といった伝統的な和楽器の調べ
「自然の風」を感じる        風情のある晩秋の神社境内は癒しの空間
「自然な心」を育てる    語り部の朗読により、心温まるお話聴く

「自然堂弁当」限定20食 1,500円(お弁当材料費・龍馬木刀保存募金含むのお申込みは先着順にて受付・その他の催しは当日になってからお越しになってもかまいません。お気軽にお越し下さい。護国神社駐車場あり。
    TEL080-4035-0535 FAX088-880-0536  ryomin@me.com 竹内隆志
主 催 五台山よさ恋浪漫くらぶ・子育てお料理サークル ナチュ☆エコCooking Club
協 力 高知県護国神社

続きを読む 0 コメント

2009年

10月

24日

龍馬、平成の時代に蘇る!龍民、本物の坂本龍馬さんとツーショット

平成の坂本龍馬さんと
平成の坂本龍馬さんと

昨夜、高知市の新堀川のたもとで、坂本龍馬さんという方とはじめて直にお会いしました。本当にこれ嘘じゃないんです。

 

ええ、最初は龍馬街道さんというTwitterで知り合った方が「実は、サカモトリョウマさんて方がいるんです。」と言い出したので、「あーあ、IDがsakamotoryomaさんていう人がいるよね。」と答えたところ、龍馬街道さんが「違うんです。本物の坂本龍馬さんです。」と真顔で云うもんで、「てっきり冗談だろう、嘘だろう。」と思っていたところ、「この場にお呼びしていいですか?」と言い出したもので、「どうぞ。どうぞ。」土佐人らしくエブリバディウェルカムOK,カモン。・・・

 

どうせなんかに引っ掛けてるような奴だろうと思っていたところ、この顔に髪を長くしてちょんまげにして、着物なんぞ着せたらさも龍馬さんではなかろうかねぇと思うような男が「はじめまして。坂本龍馬です。」と云うもんだから、おどろいてしばし一同呆然としておりました。

 

いろいろ話を聞けば、お父さんが丸亀の方で元をたどれば、高知のほうにルーツがあるようですね。

 

詳しくはこちらのウェブサイトでも この方のことが紹介されています。

 

龍馬街道ポータルサイト トピックスより

 

【スクープ】坂本龍馬は生きていた!!

 

長男は直海君、長女はお竜さんて、ちょっとびっくりしてしまいます。

しかもこの方、なんだか目元といい、雰囲気といい、幕末の坂本龍馬さんと結構似ているんじゃないですか!これって、いわゆる先祖帰り?

一緒に酒を飲んだのですが、えらばらず、でしゃばらず、控えめながらも芯は結構強い感じがあって、私は感動すら覚えましたぞ。

一生のうちで坂本龍馬さんとお会いできて名刺を交換できてしかもご一緒に話ができるなんて、高知のこの場所は、かつて幕末の時にたくさんの志士がうようよしていたところ。なにかしら不思議な縁を感じますなぁ。

0 コメント

2009年

10月

19日

限定2000セット「2010年。坂本龍馬年賀状」が発売されるぜよ!

10月20日の高知新聞に出ていましたが、龍馬の年賀状が坂本竜馬記念館と龍馬街道実行委員会との共同企画にて龍馬の筆跡年賀状がこのほど発売されることになりました。


県立記念館と龍馬街道実行委員会で今日から発売されるそうです

龍馬の筆跡年賀状に

龍馬街道実行委員会
http://www.ryomakaido.com/nenga_daibiki

実は、私もこの龍馬街道実行委員会の人とツイッターで知り合って、それに関わってある企画も進めています。この年賀状はこの方から以前には聞いていたのですが・・・かなりインパクトはありそうです。

龍馬の年賀状御入用の方はお急ぎください
0 コメント

2009年

10月

18日

ツィッター で五台山を発信する新聞記事から

私たち五台山よさ恋浪漫くらぶが情報発信する活動の話題が本日の高知新聞に掲載されました。

ネットで〝つぶやき〟五台山発信
http://203.139.202.230/?&nwSrl=250280&nwIW=1&nwVt=knd

ありがたいことです。
11月1日に開催する「秋のよさ恋めぐり」のイベントPRの発信手段としての、ツィッターでの試みを記事にしていただきました。

実は2週間ほど前から取材を受けておりまして、いつ載せていただけるのか楽しみにもしていました。
まだ如実に効果が表れているわけでもない、先駆的というか実験的ともいえる取り組みを詳しく誰にでもわかるように記事にしていただいた地元新聞者の記者の方々に深く感謝申し上げます。

0 コメント

2009年

10月

16日

10月18日のコンサート曲目決定か?

当日の演奏曲目

 

1.Godaian 澄み切った青い空と海

2.旅路

3. take me home,country road

4.よさこい 三部作

   よさ恋幽情

   Mistic Woman 

   恋の峠道

 

甫木ケ峰森林公園 龍民 LIVE

 

 

2 コメント

2009年

10月

14日

キリシタン武将明石掃部の本とイラストを発見!

キリシタン武将 明石掃部  イラスト制作・ALFRED少尉
キリシタン武将 明石掃部 イラスト制作・ALFRED少尉

五台山のわが竹内家の果樹園内に純信お馬のデートスポットであるおうま岩のすぐ近くにある、キリシタン武将明石掃部の墓があることは前にお伝えしましたが、広く市販されている明石掃部の本は、学研文庫より森本繁の明石掃部、PHP研究所より小林久三の明石掃部の謎と島原軍記海鳴りの城という本があることがわかりました。

わが五台山の山中にあるキリシタン武将、明石掃部 が登場する本をまたまた発見!これは凄いぞ 島原軍記 海鳴りの城〈上〉 (下) (集英社文庫) 新宮 正春 著 

 

これ以外にも史料や地元の観光ガイドなどにもいくつも明石掃部のエピソードや紹介記事が掲載されています。司馬遼太郎の「関ヶ原」や「豊臣家の人々」などにも主君宇喜多秀家を諫める忠臣明石掃部のことがいくつか記載されています。

津本陽の「宇喜多秀家」などにもそのあたりの記述があり、歴史上実在していたことは明らかでしょう。他の歴史書にも数多く登場しています。

いろいろ調べていくと、天地人に関わる人々とのまつわる話しや近く放映される、坂の上の雲の中にも登場する明石元二郎という軍人もこの明石一族の子孫であることがわかりました。

さらに三度戦いを交える徳川家康との関係においても、ドラマティックな秘話があります。これについては後日紹介したいと思います。歴史のロマンを感じさせます。

 

またインターネットで偶然、戦国武将明石掃部のイラストを描かれていた漫画家の作品に出会い、さっそくその使用をお願いしたところ「元々サラッと描いたイラストで出版社等の版権は無いし、このイラストが地域おこしのお役立てるのであればどうぞご自由にご利用下さい。」と大変有り難いお言葉を頂きました。

ここに掲載させていただきます。いろんな所に気骨のキリシタン戦国武将 明石掃部のことを普及するため使用させていただく予定です。

 

0 コメント

2009年

10月

13日

龍馬を偲ぶ 自然祭(11・15)企画中

1月1日(日)の秋のよさ恋めぐりに引き続き、龍馬を偲ぶ会として11月15日にもイベントを企画しています。

企画案としては以下のようなことを計画中です。

 

  龍馬を偲ぶ 自然祭

 

11月15日(日)11時30分~15時00分頃まで
高知県護国神社境内にて (高知市五台山吸江)
開催にあたって(趣旨)
 この日は、郷土の英雄坂本龍馬が生まれた日であり、また志半ばにて刺客に襲われて亡くなった日にもあたります。
全国各地で龍馬を追悼するイベントは行われていますが、高知市にある高知県護国神社では龍馬命を祀り、龍馬が剣術の修行に愛用した木刀などが奉納されていることや、由緒ある龍馬ゆかりの場所であることがあまり知られていません。
そこで、当神社のご協力のもと地元の住民と龍馬を愛する人たちが今年初めて龍馬にちなんだ催しを開催するはこびとなりました。

龍馬が号に使った「自然堂」にあやかり、この催しを「自然祭」と名付けました。大したことは出来ないのですが、龍馬の志を伝えたいと願い、私たちはできる範囲で出来ることを少しずつ実行していきたいと思っています。
それは、あるがままに、自らの意志に基づき、無理せず、背伸びをせず、自由に生きた龍馬の生き方にも通じるのではないでしょうか。

自然祭のメニュー

「自然の食」を味わう  自然の素材にてお弁当を作り味わいます
「自然な音」を楽しむ  箏、尺八といった伝統的な和楽器の調べ
「自然の風」を感じる  風情のある晩秋の神社境内は癒しの空間
「自然な心」を育てる 語り部による、心温まるお話を子供達に

参加費 1千5百円(お弁当材料費含む)
申込み 準備の関係でお弁当の試食は先着50名まで受け付けます。
    その他の催しは当日になってからお越しになってもかまいません。
    TEL080-4035-0535 FAX088-880-0536 ryomin@me.com竹内隆志
主 催 五台山よさ恋浪漫くらぶ http://godaisan.jp自然食を味わう会(仮)
協 力 高知県護国神社
プログラム(予定)
※変更あり
11:30 主催者あいさつ
    神事・奉納
11:40 自然素材による弁当の調理実習
12:00 自然堂弁当を味わう
12:30 音楽会 第一部 箏と尺八の調べ
13:15 音楽会 第二部 手作り楽器による楽団演奏・龍民の歌演奏
14:00 語り部朗読 「傘子地蔵」など
14:30 龍馬を偲ぶメッセージ披露
    龍馬の木刀拝観
15:00 閉会 あいさつ
      
龍馬自然劇場
神社参拝殿脇にスクリーンを設置しプロジェクターで随時龍馬の写真や手紙の映像、この日の音楽会の様子などを映し出すとともに、インターネットを介してツイッターなどで全国各地の龍馬ファンとリアルタイムで交流を行う様子を映す。

 

0 コメント

2009年

10月

12日

和楽器のアンサンブルと絵金の街

週末は、胡弓の奏者とその弟子達の演奏会とその彼が属する和楽器のアンサンブル、おとぎというユニットの演奏を赤岡の弁天座で聴いた。
元ジャズマンのイケメンだが、ステージではお客に対して割と気を遣っていたのが印象的である。琵琶と箏と尺八と胡弓のハーモニーは独特の調べである。現代風なアレンジのもとに最後はドボルザークの家路には少々意外であったが、とてもよかった。

赤岡弁天座は地元の絵金歌舞伎などが盛んで作られたようだが、なかなか雰囲気がある・すぐ前は絵金蔵があり、絵師金蔵の絵画を保管してある。
こちらもゆっくりと楽しみたいものである。
駐車場から弁天座に行く途中、雰囲気のある雑貨屋を見つけたが、帰りにも営業していたのには驚かされた。高知市内でも喫茶店でも午後6時には閉店しているのに、なんと商売熱心だろう。日が暮れるのが早くなったが周りは真っ暗な中で、ぽつりと明かりが灯っていたのが、印象的であった。

0 コメント

2009年

10月

07日

満月と音楽の夕べ 声ひろばを通じた交流

かつてこの山里に暮らしていて、今は子供と高知市で住まれているという85歳の女性の方からお電話をいただきました。


聞くと、高知新聞朝刊に載った私の投稿記事がとてもうれしくて一言お礼が言いたかったとのこと。

http://203.139.202.230/voice/0910/091007vhiroba03.htm

記事には私の本名と地名が掲載されていたので、私への連絡先を無心で探されていたたようです。


ご本人は足が不自由で当日故郷の催しに出かけることが叶わなかったようですが、さっきまで地域の人たちにお電話をかけていただき、この声ひろばの掲載のことを知らせて下さったようです。
吉井勇の渓鬼荘の近くに家があり、かの先生に歌作りなどを習ったこともあると話され、昔は温泉場もあってこの歌人もよく利用されていたことなどをお話しいただきました。

 

またヴァイオリンの奏者のご家族の方々もこの地が気に入られてお暮しになっているといったことも教えてくれました。私がこの日、偶然見つけた「純信お馬の恋の逃避行の道」の記念碑や、まつわるお話を現地の方に聞いたことを伝えると、その方のお孫さんもオペラでお馬さんを演じたことがあることを話され、ここでもまた新鮮な感動や発見につながりました。

 

周りの風景や当時の思い出を話す、その方の声にずっとふるさとを想う気持ちが感じられて、私の拙文による記事投稿が、この方のこうした想いや行動を起こしていただくきっかけになったことが何よりうれしくてなりません。

 

催しものの効果は結局はこうした人と人とのつながりであり、そのひと自身の心の想いを深くひろげていくことではないかと、ふと思ったことでした。


11月1日 9時30分から 第一回五台山秋のよさ恋めぐり


http://godaisan.jp/?page_id=15

0 コメント

2009年

10月

06日

月と虫の音とヴァイオリン

香北町猪野々の満月
香北町猪野々の満月

山峡の夕べ~月とヴァイオリン~。

そのコトバに魅せられた私たちはある日静かな山里を訪れました。
主催者が用意されたバスに乗り込み、窓からは深緑の水を貯めこんだ川面をはさむ山間の峡谷が見えてきました。
雄大な自然の中をバスはさらに進んでいきます。開けた山里に降り立った私たちは、暮れゆく夕べの満月に出迎えられたのです。


この日は地域の人も総出で接待におわれていました。演奏会の前に団子とお茶が振る舞われ、至極の一時です。
「この値段で本当にいいの?」と心配したりしましたが、みんな笑顔で楽しそうです。館内を学芸員さんに案内され、また新たな発見と感動がありました。この草庵に住まいした人物の祖父は薩摩藩士で龍馬と親しく仲の良い友人だったそうです。


定刻になり、世話役の挨拶と司会者から紹介があり、お待ちかねのヴァイオリン奏者がゆったりと演奏を始めました。
誰もが知っている童謡や有名な詩人達の曲の調べが次々と流れてゆきます。最後は、若い人も好むという「ゴンドラの唄」です。
満月が会場のすぐ上の夜空に見え、周囲の虫の音色がハーモニーとなって、この山里ならではの音楽がクライマックスを迎えます。

なんと、素晴らしい響きなのでしょう。豊かさとは、心の中で感じるものですね。
11月1日に五台山で草の根のイベント「秋のよさ恋めぐり」を催す一人として、大切な気づきをいただきました。
この「山峡の夕べ」と運営していただいた山里の人々に深く感謝したいと思いました。

続きを読む 0 コメント

2009年

10月

02日

森の喫茶店 in 甫喜ケ峰フェスティバルに出演します

10月18日(日)に高知県香美市土佐山田町甫喜ケ峰森林公園で行われるイベントに出演することになりました。

全国一斉にあるネイチャーゲーム大会の協賛イベントとして「森の喫茶店」のなかで30分程度のミニコンサートを行います。森林のセラピー効果がいま注目されていますが、そのような環境の中で私のような歌唄いをお招きいただけることに、とても感謝しております。私自身も当日とても癒されそうです。
この催しは毎年秋に行われている公園のお祭りで、地元の方が作るつきたてのおいし~いお餅や、食べものなどが用意されます。日頃公園内で活躍しているボランティア団体や高知県のブースが設けられ、私はその中で「森林学習展示館」に設けられる「喫茶店」で森の音楽会の演奏者として招かれるようです。

当日の私の演奏は11時20分から50分頃まで 約30分間

ネイチャーゲームとドリンク(コーヒーかハーブティー)とミニケーキがついて、なんと300円ぽっきり。


休日は高知市から40分程度で行ける甫喜ケ峰森林公園に訪れてみませんか!

私も当日は「森の喫茶店」で10時30分頃からお待ちしております。

当日のイベントチラシは以下から。
※ネイチャーゲーム のことについてはこちらのウェブサイトをご参考に。

続きを読む 0 コメント

2009年

10月

01日

五台山ドットJP よさ恋浪漫くらぶ を開設しました。

悠久の里、文化と自然あふれ人情豊かなふるさと 五台山
悠久の里、文化と自然あふれ人情豊かなふるさと 五台山

悠久の里、文化と自然あふれ人情豊かなふるさと 五台山をもっと多くの方に知ってもらうために 五台山ドットJP を開設しました。

 

合言葉は 日本の五台山を世界Web遺産に! です


このサイトでは地元五台山のふもと長江の里に住む、わたくし土佐の自由庵主 龍民が五台山の魅力を紹介します。

五台山に関するいろんなエピソードや情報、人物などをご紹介していきたいと思っています。 土佐の音曲師 龍民のウェブサイト同様よろしくお願いいたします。

0 コメント

2009年

9月

22日

高知県大豊町で昭和レトロお宝屋敷を発見!

昭和20、30年代のレトロがいっぱい!
昭和20、30年代のレトロがいっぱい!

9月21日は午前中の五台山フィールドから午後は大豊大田口カフェと「おおとよ昭和レトロお宝屋敷」へ行きました

 

ここのオーナーもおもしろい方でモノを集めてこれを作るのになんと半年で仕上げたとのことです。なんでも集中とスピードが大切ですね

 

それと大事なことを教わりました。「自らたのしみながらするということ」

 

ここにも重要なヒントがあります

 

店主が横の写真屋さんにいたら中を覗けます。

できれば一声かければ嬉しいようなのでオーナーとお話ができます。

三丁目の夕日が好きな世代なら ココはおすすめですね。

 

昭和レトロお宝屋敷 おおとよ館長日記

http://d.hatena.ne.jp/nakanishimitsuo/

 

五月の連休には、この山間のメイン通りは終日歩行者天国と化し、なつかしのレトロ・カーが集結、持ち寄りのお宝鑑定の催しなども行われるとのこと。来年2010年は5月3日に開催が決まっているとのことです。

すぐ上にある小学校跡の駐車場があります。

 

2009年のチラシはこちら

http://f.hatena.ne.jp/nakanishimitsuo/20090410202754

 

お問い合わせは 穴内を元気にする会 の中西さん 0887-73-0469 まで

 

中西さんの名刺がこれまたユニークなんだな。

0 コメント

2009年

9月

21日

大河ドラマ「天地人」にも明石掃部守が登場!

明石掃部の文庫本とその墓
明石掃部の文庫本とその墓

9月20日(再放送9月26日午後1時過ぎ)のNHK大河ドラマ「天地人」では、ヤマ場となる関が原の戦いが中心となっていましたが、その中で明石掃部守と思われる武将が登場していました。

 

小早川秀秋の裏切りにて当初優勢であった西軍は、一気に劣勢となり奮戦していた宇喜多秀家の軍勢は壊滅的な打撃を受けました。

 

同じ秀吉の養子としての二人でしたが、宇喜多秀家は豊臣に恩顧がありながら家康方に寝返った小早川秀秋軍に切り込み、斬り死にしようとしましたが家臣の明石掃部守は主君を諭し「ここはいったん引いて再起をはかるべき。」と宇喜多秀家の馬を戦場から逃れさせました。

 

主君が無事逃げ去ったことを見届け明石掃部守は自らもこの地を去り、再起をかけて脱出します。この明石掃部のとっさの判断で宇喜多秀家は命を得て、その後八丈島に流されてからも長寿を全うし、関が原で戦った武将の中で誰よりも長生きすることになります。

 

主君をたしなめ再起をはかるよう促す場面が、天地人の中でも登場しました。

明石掃部守は参謀としてもとても優秀な人物で、敬虔なキリシタンであったので領内の政治にも徳があり、領民にも敬慕されていたようです。

 

0 コメント

2009年

9月

18日

よさこい浪漫の五台山に新たな発見が!

歴史に埋もれた名将 明石掃部守全登
歴史に埋もれた名将 明石掃部守全登

いろいろ調べていると、新たな発見があり感動しています。

お馬と純信の逢引のデートスポットのすぐそばにある 相当の名将だったと思われる明石掃部守の墓(キリシタン武将)ですが、彼の物語がなんと文庫本になっているようですので、アマゾンで注文しました。

津本陽が書いた、明石掃部守がつかえた「宇喜田秀家の文庫本」もあるようですし、おそらくそれにも明石掃部守は登場しているのでしょう。

 

お馬と純信の物語も郷土本以外に 全国的な単行本や文庫本になっていればいいのですが。

 

0 コメント

2009年

9月

17日

五台山 よさこい浪漫 プチツアー の お誘い

以下のイベントを計画中です。 日程等についてはまだ案であり、決定したものではありません。

 

純信・お馬の恋物語は、はりまや橋で二人が連れ添う姿がよく知られていますが、元々の舞台は五台山であったことは意外に知られていません。

 

五台山にはお馬の生家やお馬井戸があり、竹林寺に至る道は「お馬道」ともいわれ、二人が密かに逢瀬を重ねた、知る人ぞ知る「おんま岩」など、よさこいにゆかりのある場所や数々の史跡なども存在します。

 

四季折々の木々草花、鳥の声など自然が満喫できる緑の中の小径を通り、五台山の歴史や文化、人情などに触れるミニ紀行はいかがでしょうか?

 

また二人が駆け落ちをしてまで禁断の恋を貫こうとしたのは、ジョン・万次郎や龍馬が目指した「日本の夜明け」とも重なり、古い殻を打ち破る「変革」の波がこの地にも押し寄せていたことも背景にあるのではないでしょうか。

 

そのエネルギーはやがて明治維新を経て、自由民権運動へと、さらに現代の自由な表現のYOSAKOI祭りを誕生させた土佐人の情熱にずっと受け継がれているのだと思われます。

 

悠久の里、五台山は自然豊かで歴史遺産も数多くあり牧野植物園や竹林寺など十分に満喫できますが、秋の一日みじかで気軽に楽しめ、ちょっぴりロマンティックな物語を味わえるプチ旅行を企画いたしました。

 

新たな発見の喜びを皆様にご提供いたします。 旅の途中、純信・お馬の恋の囁きが聞こえてきたなら、どんなに素敵な1日になることでしょう。 ご参加へのお申し込みをお待ちいたしております。

五台山長江に住む 道先案内人 竹内 龍民

 

日   時    平成21年11月 1日(日)  9時30分~13時30分頃まで

場   所    高知市五台山 牧野植物園 入口前 9時20分 集合

コ ー ス    ※集合時間厳守 遅れる場合は9時20分までに必ずご連絡をお願いします!

 9:30          9:40              10:10                 10:20         10:40

牧野植物園~お馬道 ~ おんま岩(よさこい岩) ~ 夜恋幽情 ~悲運の

旧園経由           ※デートスポットにて    お琴と尺八 キリシタン大名

                 街並み・風景を展望      邦楽演奏  明石掃部守

                 ★採れたて蜜柑付

                        

10:50              11:00          11:20       11:30            11:50       

小倉三省墓地~お馬生家~  絶海池~ 長江集落~    遍路道 ~ 

兼山の知恵袋  お馬井戸で          散策     高須大島 

        洗顔すると!?              コスモス鑑賞?

 

12:20         13:20              13:30         ※歴史ガイド付き

五台山展望台 ~純信ゆかりの~  牧野植物園入口

パノラマにて   竹林寺南の坊跡   ≪解散≫

休憩・お食事

  

参加 費     無料(カフェ・パノラマの飲食代は各自負担)

申込期限    メールまたは電話にて 10月28日迄 定員20名に達し次第締め切り

主   催     五台山 よさこい浪漫くらぶ  協賛・協力 よさこい労務事務所

連 絡 先  世話人 竹内龍民 TEL 090-4508-1802 E-mail ryomin@me.com

◎小雨決行 ●当日の天候により中止する場合があります。行程中の災難、紛失等は責を負いません。

0 コメント

2009年

9月

14日

lalala音楽祭2009でのLIVE映像をアップしました

はりまや橋会場で歌う龍民
はりまや橋会場で歌う龍民

9月13日(日)に行われたラララ音楽祭2009はりまや橋商店街会場でのライブをアップしました。

動画コーナーの Lalala音楽祭2009より にリンクしています。

1.Hey!Ryoma

2.以蔵が斬る

3.はりまや橋 On My Mind

4.夜恋(よさこい)幽情

 

この中で 夜恋(よさこい)幽情 という曲は本邦初公開で、はりまや橋の「坊さんかんざし買うを見た」で有名なよさこい節の純信・お馬の悲恋物語を唄ったものです。

私の家の墓のある果樹園のなかに二人が恋仲になって、夜ごと密会を重ねたという「おうま岩」と呼ばれるデートスポットがあります。

0 コメント

2009年

9月

13日

桑名晴子、ラララ音楽祭のゲストではりまや橋商店街で歌う

今年のラララ音楽祭のゲスト歌手である「桑名晴子」さんのライブを見ることができました。うまい、渋すぎる、ウクレレで歌うスタイルにすっかり魅了されました。

たまらず観客のみなさんがアンコールを求めましたが、時間の関係?(後の夜の部でのステージあり)のため、叶いませんでしたが、印象に残った熱演でした。

さすがはプロ、余裕があります。ゆったりとした間の取り方なども参考になりました。

続きを読む 0 コメント

2009年

9月

13日

河田小龍の石碑の前で「偉大なその名はジョン・マン」を歌う

今日は昼からラララ音楽祭に出演し、その後はりまや橋東側の南にある河田小龍生誕の地にある石碑の前で、最も関係の深い「中浜万次郎」こと「ジョン・万次郎」の歌を唄いました。河田小龍はジョン・万次郎と寝起きを共にし万次郎から伝え聞く外国の事情について、詳細に聞き取りました。

 

その情報はやがて河田小龍から坂本龍馬へと受け継がれ、龍馬に近代国家の思想の着眼のもとになったといわれています。

その意味では、新たな日本の夜明けを切り開く象徴ともいえるこの石碑の前で、我が土佐で広い視野に立ち、また挑戦心あふれたジョン・万次郎の功績を称えた私のオリジナル曲を唄えたことはとても感慨深いものがあります。

いま国の政治が大きく変わろうとするこの時期、幕末から明治維新への道筋を立てた中浜万次郎こと、国際的に「ジョン・マン」として国際人として呼ばれたジョン・万次郎や龍馬へ世界への眼を向けさせた指導者、河田小龍たちの功績は、私たちにどうあるべきかを諭してくれているように思えます。

 

この記念すべきビデオ撮影をしていただいた西岡さんにも深く感謝しています。

いつの時代にも草の根から変革は生まれてくるのでしょう。

 

続きを読む 0 コメント

2009年

9月

13日

本日のlalala音楽祭は開催されるようです

本日のラ・ラ・ラ音楽祭は予定通り開催されるそうです。

よかった。では会場でお待ちしています。

 

それにしても昨夜は中村から日帰り出張で気になっていた

昨夜iphoneのバージョンアップやるときに間違って

itouchのをダウンロードしました。

課金が600円しましたが、無駄に終わりもったいない。

あれ返してもらうの、無理だろうね。それにしても紛らわしい・・・ぶつぶつ

0 コメント

2009年

9月

12日

懐かしいコンテスト仲間の名前が・・・。

今日は仕事で四万十市のほうに来ているのですが、そこで目についたものがありました。

それというのも、かつて私が大学生の時にヤマハポプコンというアマチュアのコンテストがあって、よくその四国大会に出ていた頃の懐かしい人の名前がありました。

 

そのチラシはとある若者の支援施設の職業人セミナーの案内で、その講師に高知代表で常連で出ておられた方の名前でした。

その方はあるバンドのメインボーカルで当時からその歌唱力には定評がありました。

あれからもう35年以上も前となりましたが、その方も相変わらず音楽活動をされているんだなぁと、感慨深く思いました。

 

私も彼も、立派な中高年といわれる世代、そんな年にもかかわらず一人でも音楽を続けてられている彼の姿に、私も励まされる思いがしました。

信念を持って何かを続けるって、とても素晴らしいことですね。

 

 

0 コメント

2009年

9月

11日

Lalala 音楽祭の曲目を決めました

できれば、ジョン万次郎の歌も唄いたかったのですが、やはり時間配分上無理がありそうなので、次の曲目に決めました。これでも途中の間奏などが長めになると時間が足りなくなりそうです。

 

1. Hey!Ryoma   (坂本龍馬)

2. 以蔵が斬る!     (岡田以蔵)

3. はりまや橋 On My Mind (播磨屋橋)

4. 夜恋幽情               (純信・お馬のラブストーリー) ※初公開

 

0 コメント

2009年

9月

09日

lalala音楽祭の出演場所と時間が決まりました

 

龍民の出演場所と時間をお知らせしておきます。

 

はりまや橋商店街会場 にて

5番目 12:40~13:05 龍民 となっています。

応援よろしくお願いいたします。

 

他の出演者については当日の各会場のプログラムをごらんください。

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2009年

9月

03日

ラララ音楽祭での演奏曲を最終調整しています

 

1. Hey!Ryoma   (坂本龍馬)

    ~  ※メドレーで

   その名はジョンマン  (ジョン万次郎)

 

3. 以蔵が斬る!     (岡田以蔵)

4. はりまや橋 On My Mind (播磨屋橋)

5. 夜恋幽情               (純信・お馬のラブストーリー)

 

という構成を考えています。

時間配分が問題です。

0 コメント

2009年

9月

01日

TweetMic とTwilog を使いました

TweetMicという、つぶやきをTwitterで録音するサービスをはじめています。

 

メッセージや鼻歌、歌のデモなど結構使えます。

 

それとTwitterのブログも始めました。(というより自動的に集めてくれます。)

 

http://twilog.org/ryomin

 

いろいろ楽しめるものがでてきましたね。

0 コメント

2009年

8月

27日

福山「龍馬伝」のポスターが公開されました!

福山、大河、龍馬!
福山、大河、龍馬!

福山、大河、龍馬!

「龍馬伝」の坂本龍馬に扮した福山さんの姿はこれが初公開のようです。


ひとこと、「しぶいちや!」

 

 

龍馬伝」の坂本龍馬に扮した福山さんの姿はこれが初公開のようです。

http://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/2000/25493.html

0 コメント

2009年

8月

26日

半平太祭りLIVE Hey Ryoma!をアップしました

8月1日に行われた武市半平太祭りでのLIVEの「Hey Ryoma!」をYou tubeにアップロードしました。
こちらのバージョンのほうが最近の演奏に近いと思われます。
けっこう、わたしの曲は変化していきますので・・・。「以蔵が斬る」も最近はアレンジが変わっています。

続きを読む 0 コメント

2009年

8月

25日

話題のつぶやきツールに登録してみました。

話題のつぶやきツールに登録してみました。

有名なブロガーもリアルで書き込むなど、びっくり、

政治家やタレントなど、すぐにでも活用効果あるかな。

0 コメント

2009年

8月

23日

バンドミーティングがありました

22日にラララ音楽祭のバンドミーティングがありました。私の出演するはりまや橋商店街会場に行くと、知り合いの方も結構いらっしゃいました。

当日の順番ですが、土佐アミーゴというバンドの方からメンバーで掛けもち出演をする人がいるので、順番をかわってほしいとのことで、5番に変更になりました。

少し気が楽になったような気もしています。

0 コメント

2009年

8月

22日

Mailaniに今はまっています

hawaiの歌姫 Mailani
hawaiの歌姫 Mailani

今月ハワイに行った時にアラモアナSCのcd屋さんでそのジャケットが気になって購入し、それ以来ずっと私のiPodでずっとかけています。

なかなかおおらかで爽やかで今風のハワイアンで気に入っています。

You tubeでも探せばいくつか出てきました。ワイキキのSCのイベント広場でもよく地元のミュージシャンが演奏していました。やはり音楽は最高のもてなしですね。

続きを読む 0 コメント

2009年

8月

21日

Lalala音楽祭の選曲で悩んでいます

2009ラララ音楽祭の出演で、当日演奏する曲を少し今悩んでいます。

はりまや橋商店街の会場に決まったのですが、20分間ということで何曲もできません。おそらく最大で4曲程度でしょう。

 

1. Hey!Ryoma

2. その名はジョンマン

3. はりまや橋 On My Mind

4. 夜恋幽情(夜さ恋エレジー)

 

というのが、今のところの案なのですが・・・このうち新曲は最後の曲のみというところが、今一ですが、曲数と今回のイベントということを考えるとこの線かなといったところでしょうか。

それにしてもゲストのプロ歌手桑名晴子さんの次というのが、いささかプレッシャーがかかるところです。

続きを読む 0 コメント

2009年

8月

18日

9月13日(日)ラララ音楽祭2009に出演いたします!

ハワイの歌姫 Milani
ハワイの歌姫 Milani

すっかり定着した感のある、高知の街中で行われる高知街lalala音楽祭に、ついに私も出演することになりました。思えばこの音楽祭の裏方として初回に関わって以来、自分がアーティストとして出演するとは思いませんでしたが、応募のためのデモテープを送るにはなんのためらいもなっかたのが、自分でも不思議です。

 

22日のバンドミーティングに出席するのも、おそらく自分は高齢のほうではないかと少々気恥ずかしい気持ちもするのですが、まあ決めたからには仕方ありません。あとは精一杯やるだけです。

先日の武市半平太祭り以来のステージになるのですが、その間娘の結婚式でハワイへ行ったりと結構慌しいスケジュールで、あっという間にもう1ヶ月をきっていました。

ここのところ、じっくりと曲作りが出来ていなかったのですが(実はハワイ旅行の後に夏風邪を引き込み・・念のため新型インフルではありません)やっと体調も戻りつつあるので、久しぶりにギターを奏でてみました。

 

ハワイのアラモアナSCで見つけたMailaniというニューシンガーのCDが今とても気にいっているのですが、私の住む五台山は、よさこい節で有名な坊さんと娘の恋物語のスポットが幾つか残っています。

そのエピソードにちなんだ曲をハワイアン調で仕上げたいと作成中です。

0 コメント

2009年

8月

05日

お琴と尺八 真夏の昼の邦楽 高知市帯屋町で

高知の街中で見つけた、嬉しい出来事を紹介させてください

帯屋街商店街の路上で演奏しているのを偶然見かけて聞き入りました。
尺八担当の小松さん(男性、高知大OB)と琴担当の松田さん(女性、大学3年生)のデュオです。お二人は大学の邦楽部に所属され定期的に演奏会などに出演されているとのことです。

 

涼やかで心地よい音色に私もついつい聞き惚れました。街を歩いている人々も暑さの中でオアシスのような音楽に足を止められ聞き込んでいた方もいらっしゃっいました。

私もうっとりして聞き込みながら、iPhoneでビデオ撮影しご本人たちの了解を得て公開させていただきました。少々夏バテでしたが、心が癒されとても爽やかな気分になれました。

続きを読む 0 コメント

2009年

8月

03日

五台山の寂しい現実 高知新聞声ひろば より

澄みきった青い空と緑が萌える五台山に新しくオープンされたおしゃれなカフェからの高知市の風景です。店内でもその上にある展望台でも360度のパノラマが望めます。ところが残念なことに、以下の高知新聞声ひろばに掲載された「寂しい現実」がありました。

 

2009年8月3日月曜日高知新聞「声ひろば」

五台山の寂しい現実

http://203.139.202.230/voice/0908/090803vhiroba02.htm

龍馬伝で高知県に観光客を呼び込もうという取り組みしては本当に情けない現実だと思います。

同日の掲載で他の方も同じように、この素晴らしい、五台山の施設の未整備などいまある優れた資源を生かし切れていないことを大変嘆いておられました。同感です。

2009年8月3日月曜日高知新聞「声ひろば」

景色がごちそう

http://203.139.202.230/voice/0908/090803vhiroba01.htm

整備するのにそんなにお金はかからないし、他で使う予算を少し削るなど、なんとかしてほしいものです。もったない限りです。

0 コメント

2009年

8月

01日

New サエンバーガー 登場!

高知市菜園場商店街にある「来楽座」で行われた「第一回半平太まつり」でNewサエン バーガーが当日限定で販売されました。
考案者は同座のオーナーで元県立病院調理師の林さん。
この日は「正直採算が合わん」という240円で販売され、たちまち完売しました。同商店街の地元にある食材を使い、ミンチカツを使った味が大好評。ぜひ定期的に売り出してほしいとの声がお客さんから寄せられたようです。

この日はこの地域の界隈にある武市半平太の道場(幕末の志士が入門し、 活躍した人材を数多く輩出した。)跡などを売り出そうと企画した催しを記念してデビュ ーを飾りました。

このNew!サエンバーガーは、こうした行事の中で機会を見て、限定的に売り出していくといくようです。

地元にあるものを自分達も楽しみながら活用し、地域を元気にし埋もれている資源を売り込んでいこうという、林さんたちの心意気が感じられます。

この日の半平太まつりは、多種多様な内容で意義があったと思います。

私も半平太にちなんだ組曲などを唄わさせていただきましたが、良い催しに参加させていただき嬉しく思います。

 

続きを読む 0 コメント

2009年

7月

27日

土佐の音曲師 龍民のウェブサイトを構築中

土佐の音曲師 龍民の専門サイトを構築中です。

使っているのは Jimdo というシステム、クラウド型ホームページ構築ツールですね

なかなか使いやすいと思います。

0 コメント

2009年

7月

12日

2009年8月1日 第一回 半平太まつり に出演します !

高知市菜園場近くにあった剣術道場の主でもあり、土佐勤皇党の党首として幕末に活躍された武市半平太をたたえる為のイベントが菜園場商店街にある「来楽座」にて10時から行われます。

主催は、「来楽座」を運営されている、林霊山さん。

土佐の歴史上の人物の偉業をもっと知り、地域おこしの起爆剤にと、これまではりまや橋界隈で行われてきた一連の活動と連携しての取り組みになるようです。

私、龍民も12時30分から13時までの30分程度、「来楽座」LIVEに出演します。半平太にちなんだ楽曲「月影の半平太」や半平太のもとで活躍し、当時「人斬り以蔵」と恐れられた岡田以蔵の生き方を歌にした「以蔵が斬る」、半平太らと親交のあった龍馬にちなんだ曲Hey!RYOMA」などを自作自演する予定です。

 

当日のプログラムは こちら

 

会場は以下のマップをご覧ください。ただ会場周辺にはあまり駐車場がありません。


大きな地図で見る

 

土佐電鉄のさえんば電停から北へ歩いて1分といったすぐ近くですので、できれば公共交通をご利用ください。

 

お誘いあわせのうえ、ご来場たまわりぜひともお楽しみください!

 

0 コメント

2009年8月5日(水)天気 やや曇り 高知市帯屋町2丁目あたり

高知市菜園場商店街にある「来楽座」で行われた「第一回半平太まつり」でNewサエン バーガーが当日限定で販売されました。
考案者は同座のオーナーで元県立病院調理師の林さん。
この日は「正直採算が合わん」という240円で販売され、たちまち完売しました。同商店街の地元にある食材を使い、ミンチカツを使った味が大好評。ぜひ定期的に売り出してほしいとの声がお客さんから寄せられたようです。

この日はこの地域の界隈にある武市半平太の道場(幕末の志士が入門し、 活躍した人材を数多く輩出した。)跡などを売り出そうと企画した催しを記念してデビュ ーを飾りました。

このNew!サエンバーガーは、こうした行事の中で機会を見て、限定的に売り出していくといくようです。

地元にあるものを自分達も楽しみながら活用し、地域を元気にし埋もれている資源を売り込んでいこうという、林さんたちの心意気が感じられます。

この日の半平太まつりは、多種多様な内容で意義があったと思います。

私も半平太にちなんだ組曲などを唄わさせていただきましたが、良い催しに参加させていただき嬉しく思います。

第一回半平太まつりLIVE 組曲シナリオ

2009年8月1日(土)12:30~13:00 来楽座

組曲「時空を超えて・・・半平太とその妻、富子の物語」第一章
現代西洋風音曲歌綴り 組曲「時空を超えた、半平太と妻、富子の物語」 を現代から幕末の時代にタイムトリップして進めてまいりましょう。

時は現代の2009年夏から、この物語ははじまります。
高知市の五台山の麓にすむ平太はかつての恋人、冨美子とここに来て愛を語らったことを思い出しています。
あれから3年、あっという間に月日は過ぎていきました。
仕事に追われ休む暇なく働く平太には忘れられない思い出がありました。故郷で高知で農業を営む平太は今もこの地に来てはいつも冨美子のことを思い出すのです。
「もう。3年か。どうしゆうがやろうか。」 平太はあの日二人が誓った思い出が忘れられません。

2006年の春、平太に別れを告げて、冨美子はコンピュータエンジニアとしての才能をさらに磨くため、遠いアメリカのカルフォルニア州の大学の研究室に転職し旅立っていきました。
「またここで会おうね。」「うん」若い二人はそう言ってから離れ離れになりました。
時どきスカイプで話もしたりするのですが・・・やはり平太はその寂しさをかくせません。冨美子だってそうに違いありません。
平太は、ここ五台山の展望台にきてはつぶやきます。「この風景を、(遠い異国に住む)冨美子も思い出しゅうろうかねぇ。」

 平太は今むしょうに彼女に会いたくなりました。・・でも、大きなプロジェクトで忙しい冨美子に電話をしても出ることはありません。「冨美子は才能あるき。忙しいがやろうか。体にムリをしゆうがやないろうか。」「気ーつけや。」
平太に出来ることは冨美子のために祈ること、今はそれしかありません。

今は離れ離れになった、そんな二人の思い出が、ここ五台山にありました。

高知市五台山は歴史と文化と素晴らしい四季折々の草花や風景が楽しめます。
展望台からの眺めは高知一番の絶景です。その素晴らしさに感動してこの曲ができました。

聞いてください。
♪「Godaisan 澄みきった青い空と海 」
 Guitar&Harmonica
  (歌が終わる)


組曲「時空を超えて・・・半平太とその妻、富子の物語」 第二章

2009年の現代を後にして、物語は一気に江戸時代末期まで時代を遡ります。
1838年土佐郡江ノ口村の足軽の長男として生まれた一人の男がいました。
そう、その男こそ、後に土佐の「人斬り以蔵」と世間を恐れさせた 岡田以蔵なのです。
その9年ほど前今から180年前の1829年10月24日、物語の主人公の武市半平太が五台山の近く高知市仁井田、吹井村で生まれました。
嘉永2年(1849年)、半平太はこのすぐ近く城下の新町で剣術道場を開きました。
この道場の門下生には中岡慎太郎、岡田以蔵等がいて、後の土佐勤王党の母体となりました。江戸へ出て鏡心明智流の桃井春蔵に学び、塾頭となり学問ばかりか 剣術でもその腕前を発揮しました。江戸では桂小五郎、久坂玄瑞、高杉晋作など尊皇攘夷派の長州藩士とも交流し人脈を深めていきました。
文久元年(1861年)、一藩勤皇を掲げて坂本龍馬、吉村寅太郎、中岡慎太郎らの同士を集めて、江戸にて土佐勤王党を結成し、その2年後には192名が連判状に参加し、土佐勤皇党のリーダーとなりました。
彼の一途な性格もあって半平太はその活動を一気に加速させていったのです。

藩主を奉じて京に進出し上洛後は他藩との応接役として手腕を発揮し、他藩の志士たちと関わる一方で、幕府に対して攘夷実行を命じる勅使を江戸に派遣するた めの朝廷工作に奔走しました。一時は藩を第表するほどの働きを見せる一方、京では数々の佐幕派暗殺に関与し、天誅と称して、刺客を放ち、政敵を暗殺させた こともありました。

その暗殺者の一人が、「人きり以蔵」と言われた岡田以蔵です。
以蔵は忠実に役目を果たしていくわけですが、以蔵の心の中に常に埋めきれないやるせなさや空しさがありました。でも
以蔵自身そのもどかしさをどうすることもできませんでした。後に龍馬に請われて勝海舟の用心棒として頼りにされたこともあったのですが、もうその頃には
以蔵の名は世間で高まっており、もう別の道には戻れなくなりました。
すでに土佐藩重役、吉田東洋暗殺が土佐勤皇党によるものだという土佐藩の追求が進んでいたのです。以蔵は幕吏に捕えられ京都から追放されました。と同時に 土佐藩吏に捕われ国もとへ搬送されていきました。土佐藩では吉田東洋暗殺・京洛における一連の暗殺について土佐勤王党の同志がことごとく捕らえられ、上士 格の武市瑞山を除いて厳しい拷問を受けていたのです。とうとう以蔵は耐え切れなく全てをさらけ出し語り始めていきました。
ひととして信じてもらえなかった以蔵。その寂しさを半平太が気づくことができたなら・・・・。

半平太はあまりに国事に懸命になりすぎて、そのことに気づくことができなかったようです。

土佐の人斬りと恐れられた岡田以蔵。
本当は以蔵が斬りたかったのは身分差別の不合理と不自由な束縛だったのかもしれません。
そんな彼の純粋で不器用な生き様を歌にしてみました。聞いてください。

♪「以蔵が斬る」

Guitar&Harmonica

  (歌が終わる)

組曲「時空を超えて・・・半平太とその妻、富子の物語」第三章

半平太の物語はさらに続きます。半平太には幼い頃からの仲のよい友人がいました。性格も考え方も違う二人でしたが、何故かみょうに気が合って、お互いがわかりあえるそんな関係にありました。
その友人とは、後に海援隊を結成したり、薩長同盟を工作し、また土佐藩を動かし徳川慶喜公に「大政奉還」を決断させた、その策を提案した男、あまりに有名な土佐の英雄「坂本龍馬」でした。
お半平太とは、互い「あぎ」「あざ」と呼び合うほどの親しい仲ではありました。
 「あぎ」というのは「あご」のことで半平太は眉目秀麗な美男子でありましたが、ややあごが長い特徴がありました。
一方龍馬は「ほくろ」や「あざ」があったのが特徴です。ですから二人の間では「あぎ」「あご」と呼び合っていたのです
半平太には、仲むつまじい愛妻「富子」がいて、富子は国事に追われる半平太が龍馬の前では緊張をほぐして、安らいだ顔を見せるのがとても嬉しかったのです。
龍馬もときどきこの新町にある半平太の道場や自宅に来ることがありました。後の陸援隊長 中岡慎太郎も龍馬ともに遊びに来るのですが、
二人はそれぞれの違いを見せました。慎太郎は大変行儀がよく、富子がお茶受けに
柿を剥いて差し出します。「どうぞお召し上がりください。」と富子がいうと、慎太郎は
大変行儀が良く「これはかたじけのうござる。」といってもなかなか遠慮して手をつけようとはしませんでした。
ところが竜馬はいつも富子が 「どうぞおあがりください。」という前からずかずかと上がりこんできて、あぐらをかきまだ富子がすすめもしないのに勝手に柿を皮もはがずに食べたりしてい たという、くらいの性格の違いを見せました。この二人が維新前夜に何者かにともに暗殺されることになります。
そんなユーモラスな龍馬の姿が富子にはおかしくもあり、半平太と富子、二人にとって心温まる客人でもあったのでしょう。
大柄な龍馬がいつも自由奔放にして生き方が、富子には羨ましくもありました。心の中で「夫、半平太にその何分の一でもあれば、もっと半平太も気が楽になっただろうに。」と休む間もなく土佐と京都を行き来する夫の健康や将来に気遣いを見せる富子でした。
半平太は龍馬とは考えの違いはあっても龍馬のことを、こう評価していました。
「土佐にはあだたん男よ。」土佐にあだたん、つまり一国の枠には収まりきれなかった男、龍馬。多くの人に愛され、半平太の大親友でもあった、坂本龍馬を土佐弁でブルースで唄ってみました。

 

♪「Hey!RYOMA」です
 Guitar&Harmonica
  (歌が終わる)

組曲「時空を超えて・・・半平太とその妻、富子の物語」 第四章

そんな龍馬とも、半平太とはやはり改革への方向性の違いをみせていきました。
あくまでも一藩勤皇に徹し藩主をトップにすえた勤皇運動を主張する半平太と、藩の枠組みを取っ払い、人民の統一戦線の結成を目指すべきだという龍馬。
二人の違いは歴然としていました。やがて龍馬は脱藩し、半平太の家を訪れることが遠ざかっていきました。
富子は政治のことはよくわかりませんでしたが、二人が仲よく時には激論を戦わせ頑固な半平太に意見してくれる龍馬の存在が頼もしくもありました。自分のこ とより、国を憂い、藩を思い一気に活動を進めていく半平太に遠慮なくものを申す龍馬の存在が、夫を気遣ううえではとても大切な存在であり、半平太には欠か せないと思ったからです。
やがて半平太ら土佐勤皇党は攘夷運動を藩の正式方針に取り上げてほしいという献策をあげたところ、時の藩の重役であった吉田東洋に面会したところ、けんもほろろに断れてしまいました。
これでは一歩も進めないと思った彼らは、藩内の別の勢力の誘いもあってその策謀に乗り、吉田東洋暗殺を企ててしまったのです。それらが後の彼らの悲劇の引き金であり始まりでもありました。
勤皇党から使命を受けた暗殺者らがとうとう吉田東洋を殺害してしまったのです。
暗殺者は脱藩し一時逃れるのですが、同じ頃脱藩した龍馬にもその疑いがかけられたこともあったようです。
やがて時代の動きは急変し、半平太ら、土佐勤皇党の仲間は次々と捕まり投獄されていきました。富子はやがては自分の夫、半平太にもやがてその日がくることがとても不安でたまりませんでした。
そんな富子の気持ちを察してか、半平太は「おぬしには案ずることはない。」毅然とした態度で話すのでしたが。

とうとう富子が怖れていたその日がやってきました。

武市半平太も8月18日の政変があった翌日、彼は投獄されていきました。
藩のため、国のために、自らをささげ身を投げうって行動したひと、半平太。
自らに危険が及ぶのを知りながらあくまでの藩にこだわり捧げ脱藩することを拒んだ男 、半平太
そんな彼の一途な生き様は私達土佐人が忘れかけていたものを教えてくれているだと思います。


半平太が投獄されて死ぬまで1年9ヶ月富子は一日も欠かさず手作りの食事を自ら牢屋に届けました。夫が楽しんだ書籍や自作の押し絵なども差し入れました。
夫の死に衣装である白装束も富子が心を込めて丹精に縫い上げたものでした。

また夫が投獄されている間、ずっと富子は獄中の半平太と同じ境遇に自ら置いたといわれます。夏は蚊帳なし、冬は板の間で生活し健気にも夫のきづかった女性、富子。
そんな富子にも攘夷を唱え政治活動に没頭していく半平太とこの道場の近くにある横堀の川べりを二人で歩いたことが、今となっては唯一の楽しい思い出でした。
当時は新婚旅行などもなく夫婦でどこかに出かけるといったこともない時代。
富子にとって半平太にとってささやかな、つかの間の幸せだったのでしょう。

富子にとってはあの日の月夜の下で 誓った愛の言葉。それだけが一生の心の支えでした。「今度生まれ変わったら、わしとまた一緒になるか。」「ええ。お供させていただきます。」

二人の願いはやがて時空を超えて 、再び21世紀のこの高知によみがえってきたのです。

半平太がなくなってから140年あまり、二人が月夜の下、月明かりに誘われ共に歩いたそのときの光景を歌にしました。

聞いてください。

♪「月影の半平太」

 

西洋風音曲師、龍民が歌う、組曲「時空を超えて・・・半平太とその妻、富子の物語」をこれにて終わりとさせていただきます。