雨の中のよさ恋めぐり

ぽつり、ぽつりと水滴が空から落ちてくる。午前中は曇りのはずが「意外に早く来たな。」と思ううちに、参加者が集合場所に続々と来られ、さらに雨音が強くなる。


しばらく前のお店で「純信がお馬に宛てた手紙」を拝観させてもらう。予定していた南園の入口から本館へ変更し、入場料を払って植物園に入り屋根伝いに展示館まで来たが、力強い雨は一向に止みそうにない。うっすらと空には明るみがあるが、なんとも判断しかねて様子を見ていると、少し雨が弱ってきたので決行を決めた。

荒天にもかかわらずキャンセルはなく26名の参加だ。有り難いことだ。楽しみにしてくれた「五台山秋のよさ恋めぐり」を進むことにしよう。


案内の声も雨音でかき消され、申し訳なく思いつつ歩くと、果樹園の中にある「おうま岩」に着いた。資料を出そうとリュックを開けていると、ご婦人がそっと傘を差し掛けてくれた。お礼を言う間もなく、この場所を二人がデートに使った経緯や二人のエピソードを自己流に案内する。近くにはキリシタン戦国武将の明石掃部の墓がある。BASARAのキャラになってもいい勇敢で立派な武将だ。さらに参政小倉小助、三省の墓、山道を下りお目当てのお馬生家にある「お馬井戸」に着いた。


ようやく雨が弱くなり、少しやんだ。帰りはお馬道から南の坊跡を案内し、最後の休憩地で箏と尺八等の演奏会を催す竹林寺本坊客殿にご案内する。びっしょりと服が濡れている。参加者の方々もさぞうっとうしい思いをしただろう。
晴れてくれたら、もっとゆったりと五台山の自然と文化と歴史を満喫していただけただろうに。

 

植物園を出入りするために、今後はこのコースをご案内できなくなった。閉会の挨拶でこの日が最初にして最後の企画だと紹介すると、皆様が愉快に笑ってくださった。その励ましで私の冷え切った身体が暖かくなったのが心に残る。

11月15日は土佐の高知で 龍馬を偲ぶ自然祭

11月15日(日)11時30分~15時00分頃まで

高知県護国神社境内にて (高知市五台山吸江)

開催にあたって(趣旨)

この日は、郷土の英雄坂本龍馬が生まれた日であり、また志半ばにて刺客に襲われて亡くなった日にもあたります。

全国各地で龍馬を追悼するイベントは行われていますが、高知市にある高知県護国神社では龍馬命を祀り、龍馬が剣術の修行に愛用した木刀などが奉納されていることや、由緒ある龍馬ゆかりの場所であることがあまり知られていません。

そこで、当神社のご協力のもと自然食と龍馬を愛する人たちが今年初めて龍馬にちなんだ催しを開催するはこびとなりました。

龍馬が号に使った「自然堂」にあやかり、この催しを「自然祭」と名付けました。大したことは出来ないのですが、龍馬の志を伝えたいと願い、私たちはできる範囲で出来ることを少しずつ実行していきたいと思っています。

それは、あるがままに、自らの意志に基づき、無理せず、背伸びをせず、自由に生きた龍馬の生き方にも通じるのではないでしょうか。

自然祭のメニュー

「自然の食」を味わう         自然の素材にてお弁当を作り味わいます

「自然な音」を楽しむ         箏、尺八といった伝統的な和楽器の調べ

「自然の風」を感じる         風情のある晩秋の神社境内は癒しの空間

「自然な心」を育てる       語り部の朗読により、心温まるお話を聴く

参加費 1,500円(お弁当材料費・龍馬木刀保存募金含む)

申込み 準備の関係で自然堂弁当の試食は先着20名限定で受付けます。その他の催しは当日になってからお越しになってもかまいません。

TEL080-4035-0535 FAX088-880-0536  ryomin@me.com竹内隆志

主 催 五台山よさ恋浪漫くらぶ・子育てお料理サークル ナチュ エコCooking Club

協 力 高知県護国神社

プログラム(予定)※変更あり

11:30 主催者あいさつ

            神事・奉納

11:40 自然素材による「自然堂弁当」の調理実習

12:00 「自然堂弁当」を味わう

12:30 音楽会 第一部 箏と尺八の調べ

13:00 音楽会 第二部 手作り楽器の楽団演奏

13:30 音楽会 第三部 龍民の歌演奏

13:45 音楽会 第四部 土佐琵琶

14:15 語り部朗読 「かさこじぞう」

14:30 龍馬を偲ぶメッセージ披露

            龍馬の木刀拝観

            龍馬木刀保存募金 献上

15:00 閉会 あいさつ

◎龍馬自然劇場

神社参拝殿脇にスクリーンを設置しプロジェクターで随時龍馬の写真や手紙の映像、この日の音楽会の様子などを映し出すとともに、インターネットを介してツイッターなどで全国各地の龍馬ファンとリアルタイムで交流を行う様子を映します。

以下の案内チラシがダウンロードできます。

龍馬を偲ぶ自然祭
ryomasizensai.doc
Microsoftワード文書 40.0 KB
龍馬を偲ぶ自然祭案内チラシ
ryoma_sizensai.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 229.9 KB

秋のよさ恋めぐり 参加者受付中! 先着30名にて締切

第一回 土佐は高知の 五台山 秋のよさ恋めぐり
平成21年11月1日(日)9時30分集合
          五台山牧野植物園南園入口前

★よさ恋のルーツ・五台山を歩く★
 坊さんかんざし、純信お馬の恋の足跡をたどる

■五台山よさ恋ロマンのみち ハイキング  9:30~11:30 所要時間2時間
 
よさこい節の純信お馬のロマンスゆかりのスポットや史跡を巡る
二人が愛をささやいた、よさ恋隠れスポット「おんま岩」など
緑の中の小径を通り五台山の自然や歴史や文化、人情などに触れるミニ紀行
 
※ガイド付きコース
 
牧野植物園南園→純信南の坊跡→お馬道→よさ恋「おんま岩」→キリシタン武将明石掃部墓
→小倉少助・三省墓地→お馬生家・お馬化粧井戸→最も古い旧参道→山道より絶海池を望む
→牧野植物園本館→竹林寺客殿  ☆お楽しみプレゼント

■五台山よさ恋音楽会 竹林寺客殿にて 11:30~12:00(終了予定)
                                  (※音楽会だけの参加可 無料)
   「よさ恋幽情」他披露
     土佐の音曲師 龍民の歌と演奏
    箏と尺八の演奏
     高知大学邦楽部よの字 尺八:小松健志 箏:楠元 遥・松田祐未子
 
■オプション・コース ※各コースの説明はいたしますが、ガイドは付きません
 
 ・展望台にて高知市や浦戸湾一帯のパノラマ体感
 ・牧野植物園内周遊
 ・ミニ八十八カ所巡り
 ・龍馬命参拝と龍馬愛用の木刀拝観(護国神社)※希望者のみ
 ・龍馬関連の施設、イベント満喫
   遊覧船浦戸湾周遊・桂浜龍馬記念館・龍馬に大接近ぜよ・桂浜観月の夕べ

■参 加 費  500円(牧野植物園入場料)※ぐるりんバス利用時割引有り
■服 装 等  ウォーキング、ハイキングができる服装、運動靴が望ましい
■持 参 品  飲料水、お弁当等(五台山の植物園内レストランや竹崎食堂・カフェパノラマ等で昼食可)
■申込方法   Webフォーム・メールまたはお電話にて、定員30名に達し次第締切
■主    催  五台山よさこい浪漫くらぶ 運営・協力 よさこい労務事務所
■連 絡 先  代表世話人 竹内 龍民(りょうみん)
■T E L   080-4035 0535 FAX 088-880-0536 E-mail ryomin@me.com
■Web Site   五台山ドットJP 土佐の高知のよさ恋ロマン http://godaisan.jp

  ◎小雨決行 ●当日の天候により中止する場合があります。行程中の災難、紛失等は責を負いません。

秋のよさ恋めぐり案内チラシ
01_akino_yosakoimeguri.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 925.7 KB

11月1日 第一回 五台山 秋のよさ恋巡り を開催します

ごく普通の県民が最新のネット技術に注目しその活用法が問われている「ツィッター」により、ローカルな高知でも隠れた穴場の紹介やイベントを全国に散らばる対象者に呼びかけて 既存の枠組みにとらわれない新たな集客法やネットワークを形成する試みです。その実験対象として以下のイベントをたまたま企画したのを契機にトライすることになりました。


11月1日(日)に午前9時30分から「第一回五台山 よさ恋めぐり」を開催します

このイベントの特徴は別紙にあるとおり 五台山の隠れた穴場的観光スポットを発見紹介するとともに龍馬にちなんだ 五台山の護国神社にある龍馬が修行に使った木刀などを拝観する新コースなどを企画しています。

最大のポイントは ウェブとリアルの融合による 観光イベント誘致の実験 です

いま注目のツィッターなど 最新のインターネットツールを最大限活用して最小の労力とコストをかけずに、誰でも簡単に 見込み客へ発信できる 集客法の試みです。全国でもあまり、まだ例がないと思います。

ぜひ一緒に新しい創造的な体感型観光を一緒に楽しみませんか!みなさまのご参加をお待ちしております。

自然の中での音楽会も企画いたしました。五台山のこの場所でないと体感できない催しです。 高知大学邦楽部の学生さんも、お琴と尺八で日本の伝統の調べにて素晴らしい演奏を披露してくれることになりました。ごゆっくりとお楽しみください。

第一回 五台山 秋のよさ恋巡り
yosakoimeguri.doc
Microsoftワード文書 49.0 KB

五台山 よさこい浪漫紀行

純信・お馬の恋物語は、はりまや橋で二人が連れ添う姿がよく知られていますが、元々の舞台は五台山であったことは意外に知られていません。

 

五台山にはお馬の生家やお馬井戸があり、竹林寺に至る道は「お馬道」ともいわれ、二人が密かに逢瀬を重ねた、知る人ぞ知る「おんま岩」など、よさこいにゆかりのある場所や数々の史跡なども存在します。

 

四季折々の木々草花、鳥の声など自然が満喫できる緑の中の小径を通り、五台山の歴史や文化、人情などに触れるミニ紀行はいかがでしょうか?

 

また二人が駆け落ちをしてまで禁断の恋を貫こうとしたのは、ジョン・万次郎や龍馬が目指した「日本の夜明け」とも重なり、古い殻を打ち破る「変革」の波がこの地にも押し寄せていたのではないでしょうか。 

 

そのエネルギーはやがて明治維新を経て、自由民権運動へと、さらに現代の自由な表現のYOSAKOI祭りを誕生させた土佐人の情熱にずっと受け継がれているのだと思われます。

悠久の里、五台山は自然豊かで歴史遺産も数多くあり牧野植物園や竹林寺など十分に満喫できます。高知市の中心地から近くにあり、みじかで気軽に楽しめ、ちょっぴりロマンティックな物語を味わえる五台山に訪れてみませんか。

 

新たな発見の喜びを貴方様にご提供いたします。 旅の途中、純信・お馬の恋の囁きが聞こえてきたなら、どんなに素敵な1日になることでしょう。

 

このコーナーでは五台山にまつわるエピソード、史跡等のスポットや物語について紹介してみたいと思います。

  • 五台山よさこい浪漫 散策コース
    ※出発地か最終地まで 全コース徒歩約2時間半程度

 

牧野植物園南園竹林寺前~純信南の坊跡~お馬道~よさこい「おんま岩」


~キリシタン武将明石掃部墓~小倉三省墓地~お馬生家・お馬井戸~絶海池


~最も古い旧参道~竹林寺~五台山展望台パノラマ【最終地】